富山地方鉄道

<岩峅寺(いわくらじ)駅の角度>

岩峅寺駅は、宇奈月本線の寺田を起点に立山に到る立山線と、電鉄富山の隣・
稲荷町から分かれてこの駅を終点とする上滝線のジャンクションである。 →地図(Mapion)


駅舎はモルタル2階建ながら、社殿風の瓦屋根を頂く一種異様な外観だが
近隣の雄山神社の玄関口たらんとする建設当初の意気込みは強く感じられる。



待合室の内部から駅前を臨む


待合室内から改札口を見る。引戸で密閉できる構造が雪国ならでは。


            構内踏切側から改札口を見る。                     その右手には駅務室の入口。


構内通路から1番線ホーム(立山線上り)にかけての屋根はなかなか複雑な形状。
向こうに見えるのが上滝線ホームで、立山線に対して右方向から斜めに合流する形で位置している。
 


 


2番ホーム(立山線下り)の屋根は鉄骨造りの簡素なもの。


                  
上滝線ホームへ到る通路の屋根の下には、なんとレールが顔を覗かせている。
かつては上滝線が富山―立山間のメインルートで、このホームで交換を行っていた名残り。
                  


 


上滝線ホームからの駅舎の眺め。



上滝線のホーム上。右側の線路はこの先で立山線に合流する。


上滝線ホームの待合室内


上滝線ホームから上り方向の眺め



上滝線ホーム脇の、もと変電所とおぼしき建物。現在は保線区の詰所兼倉庫となっているようだ。



改札前から立山方向を見る。中央の建物は現行の変電所か。


 


立山線下りホームの富山側突端より


駅前がパーク&ライドの駐車場として整備されている辺りがいまどきを感じさせる光景。


駅前にある農協の支店。時代がかった“くみあいマーケット”のロゴが泣かせる。
 



<撮影全て2003.8.12   QV-R40>
 

back