長者丸作業部表紙へもどる

  動画陳列所

こちらでは、デジカメのオマケ機能で撮った動画を晒しております。
画質も音も安っぽく、しかも腕はヘタレときておりますが、
高速接続環境をお持ちの方はご笑覧いただければ幸い<(_ _)>

update:2006.2.13
*サーバ容量拡張のため、過去の作品を全てアップし直しました


実 物
模 型

・三岐鉄道北勢線 ク145+サ138+モ275 上り北大社発車(5,101KB)
★“新型軽便電車”の印象強しモ270形ですが、驚くなかれもはや4半世紀選手です。そしてトラム以外では絶滅危惧種のツリカケ駆動車でもあったりするわけで(^^;) 2004.2.11撮影

・羅須KATO4tキャブ添乗!(9,651KB)
★レストア成ってまきば線の保線その他に活躍中のKATO4t・5号機。お守役のみくさんのご好意でキャブ添乗させていただきました。たくましく動力を伝えるチェン、機関士のレバー捌き、そして従えるナベの挙動にご注目あれ。 2004.5.3撮影
伊予鉄道『坊っちゃん列車』
・松山市駅前転回(12,046KB)
・道後温泉駅引上線(4,665KB)
★内臓ジャッキによるカマの方転と客車手押し入換えはすっかり松山名物。入換え時のなりふり構わぬ走りっぷりも萌えます(^^;) 2003.12.30撮影

夜の伊予鉄市内線モハ53号
・走行車内(南堀端→市役所前)(10,833KB)
・大街道電停発車(1,654KB)
★松山のモハ53、車内はニス塗り・走ればイイ音。2日間の滞在中偶然4回も乗ってしまったこともあり、すっかり情が移ってしまった…。 2003.12.30撮影

魚梁瀬森林鉄道の列車々内
・その1(10,843KB)
・その2(2,932KB)
★“谷村式”のDLが牽く列車の客は、自分と地元の親子連れ4人きり。しかしイザ動き出してみると…客車の窓ガラスは激しく共振し、しかも乗り心地の壮絶なことにに絶句。「リジッドかつスパルタン極まりないものであった((C)『軽便の譜』Vol.1)」とはこのことだったのねん。 2003.12.28撮影<馬路村魚梁瀬・丸山公園>

馬路森林鉄道の汽車(4,779KB)
★ポーター0-4-2の縮小レプリカが、渓流沿いに無理やり敷かれた508mmゲージのエンドレスを走り回る“馬路森林鉄道”。カマはディーゼルなれど、サウンド組込済なのでいちおうブラスト音がします。というか、造作といい音といい限りなく模型チックな汽車でした(^^;) 2003.12.28撮影<馬路村馬路>

大井川鉄道井川線 DB9チャーター列車 接阻峡温泉駅発車(7,849KB)
★2002年5月に行われたチャーター運転(ここ参照)列車の車内から。鋭い直管排気、クラッチ繋ぎ時のノッキング、2軸機ならではの走行時のピッチング…生きた産業用古典内燃機の魅力炸裂! 2002.5.26撮影

羅須地人鉄道協会6号機
・走行(4,956KB)
・出発(5,286KB)
・吐出(2,232KB)
★6号機って、こうしてみると動きがキビキビしてますねえ。
2002.5.5撮影
 


加越能鉄道デ7052 走行車内 <万葉線 上り 能町口→米島口>(12,544KB)
★JR氷見線を跨ぐ長い鉄橋の上を、ノッチ1分近く入れっぱなしの全開走行! 路面電車とはいえ、いまどき珍しい“魂の走り”のツリカケ音。  2002.2.10撮影
 

三線式0番の4トラックシェイ(4,089KB)
★三零振・池田会長がこのたび購入されたMTHのシェイ。いやもう4トラックの200t級でしかもOゲージですからデカイこと。サウンドもどえりゃー迫力であります。 2004.1.17撮影<三零振の新年会にて>


動くかな?NナローのBタンク(3,293KB)
★たまきちさんが凡そ25年前に自作されたNナローのBタンク。お手製の5mmゲージのレールの上を、人手を借りつつも…動いた! 2003.8.24 *QV-R40で撮影<JAM会場にて>



世田谷公園のライブスティーム
・出発シーン(3,293KB)
・台車の手押し入換(2,578KB)
チビクロ号という名前がたまらなくステキだ(w) ちなみにここってゲージは7-1/4inなんでしょうか(測り忘れた)。 2003.4.26撮影


三線式0番のBig-Boy快走(2,202KB)<於・三零振運転会>
★三零振会員・西貝さん御自慢のカマです。その迫力もさることながら、昔の関水のNゲージ電機もベックラ!の姿態も見もの?? 2003.2.9撮影



 

<NOTICE>
*特記以外Fuji FinePix40iの動画機能にて撮影したものです。拡張子:.avi
閲覧にはQuickTimeを推奨しますが、Windows Media Player
RealOne Playerで見られる場合もあります。
*左側の見本静止画はあくまでイメージ(笑)です。


◆作業部表紙へ